イチオシ方法はこれ!

iPhoneのバッテリー交換をするなら、修理キットを取り寄せて自分でするのが一番!自分でバッテリー交換をする方法のおすすめポイントを紹介しています。

iPhoneバッテリー交換のオススメ方法はセルフ修理

iPhoneのバッテリーの修理・交換でもっともおすすめしたいのは、自分で修理をする方法です。一番の理由は、なんといっても、費用が安くすむこと。携帯電話会社やアップルストアでバッテリー交換をすると、9,400円かかります。アップル正規サービスプロバイダなら10,000円。正規店よりも安く交換ができる修理業者であっても、7,800~9,800円ほどです。

これに対して、自分でiPhoneのバッテリーを交換する場合、修理キットの価格は4,000円前後。携帯電話会社やアップルストアと比べると、半額以下の値段でバッテリー交換ができます。そして、バッテリー交換は、他の部分の修理や交換と比べても、より簡単にできるのが特徴です。

修理業者などに持ち込んでも即日修理が可能ですが、自分でバッテリー交換をしても、数十分で完了することができます。修理キットは、最短で注文した翌日に届くので、すぐに作業に取りかかることができます。忙しくて修理業者など、お店に直接持ち込むのが難しいという人でも、自宅で、自分の都合のいい時に作業ができるというメリットもあります。

「セルフで修理」のバッテリー交換が安くて簡単

自分でiPhoneのバッテリー交換をするなら、「セルフで修理」がおすすめです。

セルフで修理のHP画像
引用元:セルフで修理 公式サイト http://www.self-r.jp/

その理由は、安さと手軽さ。セルフで修理のバッテリー交換は、3,980円で行うことができます。これは、携帯電話会社やアップルストアの半分以下の値段です。そして、その手軽さも魅力のひとつ。自分で修理をする方法としては、画面修理もありましたが、バッテリー交換は、画面修理よりもさらに簡単。セルフで修理のキットを使えば、わずか30分ほどでバッテリー交換ができてしまうんです。

バッテリー交換は、修理業者などでもすぐに修理してもらうことはできますが、予約を取る必要がありますし、わざわざお店にいかなければいけませんよね。即日修理ができますが、自分の都合のいい時間に修理してもらえるとも限りません。ですので、忙しい、お店に行くのが面倒という人にも、セルフで修理のバッテリー交換はぴったりの方法です。

セルフで修理で使用しているバッテリーは、提携工場で作られているもの。しっかりと品質検査をして納品されています。また、PSEマークを取得しているので、安心・安全です。アフターサービスもしっかりしていて、100日間の保証がついています。

「セルフで修理」の公式サイトをチェックする