修理法を比較

iPhoneのバッテリー交換や修理をピックアップ。携帯電話会社、アップルストア、アップル正規サービスプロバイダ、セルフ修理、修理業者を比較しています。

⇒iPhoneがバッテリー切れしたときのイチオシ方法はこれ!

iPhoneのバッテリー修理・交換を比べてみました

携帯電話会社

■メリット

交換するバッテリーはAppleの純正品なので安心です。

■デメリット

店頭でバッテリー修理を受け付けている店舗が限られています。修理時間自体は短いのですが、待ち時間が長くなったり、予約がいっぱいで希望する日に行けない場合があります。料金が比較的高めです。

■料金

  • 9,400円

アップルストア

■メリット

交換するバッテリーはAppleの純正品なので安心です。

■デメリット

店舗数が少ないので、店頭に持ち込める人が限られます。また、予約が集中するため、希望日に行けなかったり、待ち時間が長くなる場合があります。料金は比較的高めです。

■料金

  • 9,400円

アップル正規サービスプロバイダ

■メリット

店舗数が多いので、待ち時間が少なくてすみます。その日のうちにバッテリーの修理をしてもらうことができます。交換するバッテリーは、Appleの純正品です。

■デメリット

携帯電話会社やアップルストアよりも、料金が高くなることがあります。

■料金

  • 10,152円

セルフ修理

■メリット

自分でバッテリー交換をすることの一番のメリットは、なんといっても料金が安いこと。携帯電話会社やアップルストアの半額以下で交換することができます。また、バッテリー交換は難しい作業ではないので、はじめての人でも、機器に弱い人でも簡単に交換することができます。作業時間は30分ほどです。

■デメリット

Appleの純正品ではありません。やり方がわからない場合は、修理キット販売会社のサポートを受けることもできますが、別途有料になる場合もあります。

■料金

  • 3,980円

修理業者

■メリット

携帯電話会社やアップルストア、アップル正規サービスプロバイダと比べると、安い料金でできるところがあります。バッテリー交換の場合、早ければ数分で作業が完了することもあるので、ちょっとした空き時間を利用して修理を依頼することもできます。

■デメリット

交換するバッテリーはAppleの純正品ではありません。

■料金

  • 7,800~9,800円

iPhone修理(画面割れ、画面修理)のおすすめ方法とは??