応急処置の方法

使い続けていくうちに、すぐに充電がなくなってしまうiPhoneのバッテリー。バッテリーの交換方法や、少しでもバッテリーを長持ちさせる方法を紹介します。

バッテリー切れの際の交換方法~iPhone編~

iPhoneに限らず、スマホや携帯電話全般にいえることですが、使い続けていくうちに、バッテリーの減りが早くなっていきます。iPhoneのバッテリーは、3~4年が寿命だといわれています。フル充電してもすぐに電池がなくなったり、いくら充電しても満タンにならなかったり、%表示がおかしくなったりしたら、バッテリーの寿命のサインです。そのまま使い続けていくと、バッテリーが膨張してiPhoneの裏ふたがパックリ開いてしまうこともあるのだとか。通称「ハマグリ現象」ともいわれている状態ですが、これは危険なので、こうなる前にバッテリーを交換するようにしましょう。

バッテリーの交換方法は、携帯電話会社やアップルストアに持ち込むほか、自分で交換するという方法もあります。購入から1年以内で「バッテリー能力が正式な製品仕様の50%未満」であったり、AppleCare+for iPhoneに加入していて「バッテリー能力が正式な製品仕様の80%未満」であれば、無償で交換してくれます。

また、充電が残っているはずなのに、急に電源が入らなくなったという場合には、まずは再起動させてみましょう。それでもうまくいかない場合は、「ホームボタン長押し」+「電源ボタン長押し」でリセットを試してみてください。

バッテリーを長持ちさせる方法

バッテリーを少しでも長持ちさせるための方法もあるので、活用してみましょう。

充電が完了したら充電をやめる

寝る前にiPhoneを充電し、朝までそのままという人も多いと思いますが、バッテリーを長持ちさせるためには、充電が完了したら充電をやめるようにしましょう。充電が満タンになっても、少しずつ充電されていき、バッテリーを消耗させる原因のひとつになります。

充電しながらiPhoneを使わない

充電中にiPhoneを操作すると、熱がこもってしまい、バッテリーを劣化させる原因になるといわれているので、できるだけやめましょう。

暑すぎる場所、寒すぎる場所で保管したり充電しない

高温になるところや気温の低いところに置きっぱなしにしておくと、電池が劣化するといわれています。とくに、夏場の車内はかなりの高温になる場合があるので、車内に置きっぱなしにしないように注意しましょう。

画面の明るさを調整する

明るすぎる画面は、電池の減りを早くします。適度な明るさに設定しておくのがおすすめです。

iPhone修理(画面割れ、画面修理)のおすすめ方法とは??