iPhone修理(画面割れ、画面修理)のおすすめ方法まとめ » 【iPhoneのアクシデント1】画面割れ・画面修理

【iPhoneのアクシデント1】画面割れ・画面修理

iPhoneでもっとも多いトラブルといわれる画面割れをピックアップ。緊急時の応急処置の方法や画面修理の方法を紹介します。

経験者続出のiPhoneの画面割れトラブルとは

iPhoneの操作中にうっかり落としてしまったり、カバンからほかのものを取り出すときに一緒に出てしまい落としてしまったりして、iPhone画面を割ってしまうという人も多いようです。落下による画面割れ以外にも、ズボンのお尻のポケットに入れたまま座ってしまい、画面が割れてしまうこともあるのだとか。

全面的に画面が割れてしまったわけではなく、上の方や下の方だけにひびが入ったという程度であれば、とりあえず使い続けるという人が大多数なのではないでしょうか。

けれども、画面が割れたり、ひびが入ったりした状態で使い続けていくと、ひびが拡がっていき、やがては全面的にボロボロになってしまいます。また、スマホは画面を指でタッチして操作するものですから、そうしたひびが引っかかり、指を傷つけてしまう恐れもあるので、できるだけ早い段階で修理が必要です。

おすすめの画面修理方法

iPhoneの画面割れの一時的な対応としては、ひびが入った部分をセロハンテープでとめたり、ラップで巻いたりすることで、破片が飛び散るのを防ぐことができます。また、こうしたアクシデントを未然に防ぐため、液晶保護フィルムを貼っておくのもおすすめ。厚みのあるフィルムであれば、落としてしまった場合でも、保護フィルムが破損しても、本体は傷がつかずにすむというケースが多々あります。

画面修理の方法としては、携帯電話会社、アップルストア、アップル正規サービスプロバイダ、修理業者に依頼するほか、修理キットを使って自分で修理するという方法も。それぞれのメリットやかかる費用についてもまとめているので、どんな方法で画面修理をするのかを選ぶときの参考にしてみてくださいね。

iPhone画面修理でもっともおすすめの方法も紹介。安くて、早くて、手軽にできる画面修理の方法について解説しています。