修理法を比較

iPhoneの液晶画面修理やタッチパネル修理をするおもな方法としては、携帯電話会社、アップルストア、正規プロバイダ、セルフ修理、修理業者があります。それぞれのメリット・デメリットについてまとめてみました。

⇒iPhone画面修理のイチオシ方法はこれ!

iPhoneの液晶画面・タッチパネルの修理を比べてみました

携帯電話会社

■メリット

使用する部品はアップルの純正品なので安心。Appleの保証やAppleCareなどのサポートを受けることもできます。携帯電話会社独自の修理サポートもあるので、割引価格で修理を受けることもできます。

■デメリット

店頭で修理を受け付けている店舗はそれほど多くありません。そのため、店頭修理を行っていないところでは、Appleリペアセンターでの配送修理になります。店頭修理を行っているところでも、画面割れの場合は、即日修理はできず、修理が完了するまでに3~7日かかります。

■料金

  • iPhone6…12,800円
  • iPhone6 Plus…14,800円
  • iPhone6s…14,800円
  • iPhone6s Plus…16,800円

アップルストア

■メリット

画面割れの修理の場合、即日修理が可能です。Appleの保証やAppleCareのサポートを受けることができます。

■デメリット

アップルストアは現在、日本に仙台、銀座、渋谷、表参道、新宿、名古屋、心斎橋、福岡にしかないので、住んでいる地域によっては、近くにアップルストアがないという場合が多いようです。

■料金

  • iPhone6…12,800円
  • iPhone6 Plus…14,800円
  • iPhone6s…14,800円
  • iPhone6s Plus…16,800円

アップル正規サービスプロバイダ

■メリット

アップルストアよりも店舗数が多いので、自宅や職場の近くのお店に持ち込むことができます。液晶画面の修理の場合、パーツがあれば即日修理も可能です。使用するパーツは純正品で、アップルストアと同じ内容の修理を受けることができます。

■デメリット

アップストアや携帯電話会社と比べて、料金が高いことが多いようです。

■料金

  • iPhone6…約14,000円
  • iPhone6 Plus…約16,000円
  • iPhone6s…約16,000円
  • iPhone6s Plus…約18,000円

セルフ修理

■メリット

アップルストアや携帯電話会社、プロバイダ、修理業者に比べて安い料金で修理することができます。液晶画面の修理はそれほど難しくないので、はじめてでも、説明書を見ながら簡単に修理することができます。わざわざ店舗を探す必要もなく、修理キットを取り寄せれば、自宅で、自分のタイミングで修理することが可能です。作業時間は1時間ほどです。

■デメリット

Appleの純正パーツではありません。比較的簡単に修理できますが、やり方がわからないと、戸惑うことがあるかも。

■料金

  • 約12,800円

修理業者

■メリット

iPhoneの修理業者は数が多いので、自宅や会社の近くのお店に持ち込むことができます。液晶画面やタッチパネルの修理であれば、即日修理が可能。会社の昼休みを利用して修理に出すこともできます。

■デメリット

使用する部品が純正品ではありません。Appleの非正規店で修理をすると、Appleの保証サービスの対象から外れてしまうことがあります。

■料金

  • iPhone6…11,800~19,023円
  • iPhone6 Plus…14,800~27,800円
  • iPhone6s…21,800~26,800円
  • iPhone6s Plus…32,800~34,800円

iPhone修理(画面割れ、画面修理)のおすすめ方法とは??