応急処置の方法

iPhoneのアクシデントでもっとも多い画面割れ。誰でもすぐにできる画面割れの応急処置方法について紹介しています。

iPhoneで起こりやすい画面割れのトラブル

iPhoneの利用者で、iPhoneの画面が割れてしまったという人はかなり多いと思います。

画面割れの原因でもっとも多いのが、落下によるもの。手にしていたiPhoneをうっかり落としてしまったり、カバンから取り出そうとしたときに落としてしまったり…。それ以外にも、お尻のポケットに入れていて、座った時に圧力がかかって割れてしまうというケースもあるようです。

こうした画面割れを防ぐために、液晶保護フィルムを使っている人も多いのではないでしょうか。保護フィルムにはいろいろな種類がありますが、厚みのあるものであれば、破損はフィルムだけで、本体は無傷で済ませられます。薄いフィルムであれば、画面が割れたとしても破片が飛び散るのを防いでくれます。

しかし、こうした予防をしておらず、画面割れを起こしてしまった場合、とりあえずの応急処置として、いくつかの方法をご紹介します。

一時的な画面修理の方法~iPhone編~

まずは、セロハンテープで貼る方法。割れた部分をセロハンテープで留めて、破片が飛び散るのを防ぎます。液晶画面の上部や下部などだけにひびが入った場合には、セロハンテープ以外に、マスキングテープを貼ってもOK。かわいい柄の入ったマスキングテープなら、応急処置をしながら、デコレーションも楽しめます。

マスキングテープを貼る場合には、受話スピーカー上部にある「近接センサー」を塞がないように注意してください。ここを塞いでしまうと、通話中に誤作動が起こる場合があります。テープ以外にも、ラップで巻くという方法もあります。ラップのほうが、テープよりも画面が汚れにくいともいわれているので、おすすめです。

ただし、こうした応急処置はあくまでも一時的なものです。ひび割れた状態でそのまま使い続けていくと、どんどんひびが増えていき、ガラスの破片が飛び散ってしまうこともあります。また、ひび割れたiPhoneをそのまま使ってしまうと、操作中に指をケガしてしまう危険性もあるので、なるべく早く適切な修理をするようにしましょう。

iPhone修理(画面割れ、画面修理)のおすすめ方法とは??