応急処置の方法

使用頻度が高く、不具合が起こりがちなiPhoneのホームボタン。ホームボタンが押せない、効かない場合の対策を紹介します。

iPhoneのホームボタンが効かないときの対策は

iPhoneの中でも、もっとも使われるボタンがホームボタンです。けれども、長く使っていくうちに反応が悪くなったり、押しても効かない、ボタンが陥没してしまって押せないなどのトラブルが発生することが多々あります。ホームボタンは、すべての動作の起点でもありますから、このホームボタンが使えないとなると大問題です。ホームボタンの反応が悪くなったり、押しても反応が悪くなるというのには、いくつかの原因が考えられます。

  • ハードウェアの故障や不具合によって反応しなくなる
  • 初期不良や使い続けていくうちに、ホームボタンの裏側の金属が劣化して陥没したり押せなくなる
  • 落下による衝撃でホームボタンが陥没したり、内部が損傷する

いずれにしても、早く修理に出すに越したことはないのですが、とりあえず、いますぐ何とかしたいという場合の対策をいくつか紹介しますね。

ホームボタン不具合の応急処置

ホームボタンの調子が悪いと感じた時には、まずは一度、電源を切って再起動させてみましょう。ホームボタンの不具合は、ハードウェアの故障による場合が多いのですが、ときどき、アプリが固まっているだけのときもあります。そんなときは、再起動させれば、反応がよくなる場合があります。

それでもよくならない場合、「Assistive Touch」を使ってみましょう。これは、ホームボタンをタッチパネル上に表示させて、ホームボタンの代わりをするものです。Assistive Touchの起動方法は、「設定」の「一般」をタップして「アクセシビリティ」をタップ。Assistive Touchのオフ、オンを選択できるので、これをオンにします。すると、画面上に丸いボタンが表示されます。この丸いボタンをホームボタンとして使用することができます。

このボタンは、画面上の好きな場所に移動することができ、ダブルクリックやスクリーンショットもできます。修理に出すまでの間にホームボタンが使えなくて困るというときには、とりあえず、この方法で対応してみてください。また、ホームボタンは使い続けていくうちに不具合が起こることも多いので、その対策として、普段からAssistive Touchを使ってみるのもいいかもしれません。

iPhone修理(画面割れ、画面修理)のおすすめ方法とは??