応急処置の方法

トイレや洗面台、洗濯機などに落としてしまった、水やジュースをこぼしてしまったなど、iPhoneを水没させてしまった場合の応急処置について紹介します。

水没させてしまったiPhoneの応急処置の仕方

トイレにうっかり落としてしまった、洗面台に置いていたら水をかけてしまった、カバンに入れていたら雨で濡れてしまった、ラーメンの汁やコーヒーをかけてしまった、など、水没の原因はいろいろあります。水没させてしまった場合、その後の応急処置がiPhoneの運命を左右するといっても過言ではありません。パニックに陥らず、落ち着いて対処するようにしましょう。

電源を切る

まず、すべきことは電源を切ることです。水没した際に電源が切れていた場合には、電源を入れないようにします。電源が入ったままだと、濡れた状態で作動していることになり、内部の回線がショートしてしまうことがあります。

SIMカードを抜く

電源を切ったら、カバーやバンパーを外し、SIMカードを抜きます。SIMカードは、iPhone本体の横にある小さな穴に、伸ばしたクリップなどを押し込むと取り出すことができます。SIMカードは小さいので、失くさないよう注意です。

水分を拭き取る

本体やSIMカードの水分を拭き取ります。タオルなどでゴシゴシこすらずに、やさしく押さえるように水分を拭き取りましょう。イヤホン端子やDOCKコネクタなどの細かい部分は、ティッシュをこよりにして水分を吸い取るといいでしょう。中に入った水を出そうとして、iPhone本体を振りたくなりますが、これはぜったいにやめてくださいね。振ってしまうと、水が浸入していなかった部分にまで水が入ってしまうことがあります

乾燥させる

水分を拭き取った後、iPhoneをティッシュに包んで、乾燥剤を入れた密閉袋(ジップロックなど)に入れて、少なくとも1日、余裕があれば2~3日、そのままの状態にしておきます。早く乾燥させようとしてドライヤーを使う人もいるようですが、ドライヤーの熱風によって内部が故障してしまうこともあるので、ドライヤーの使用は避けたほうが無難です。1~3日、乾燥させた後、電源を入れてみて、電源が入ればOK。ですが、なるべく早めにバックアップをとっておきましょう。しばらく作動していても、数日後に動かなくなる恐れもあります。

ちなみに、これらの応急処置の方法は、水の場合です。ジュースやコーヒー、海水などで濡らしてしまった場合には、専門的な洗浄が必要になるので、プロにお任せしたほうがいいでしょう。

iPhone修理(画面割れ、画面修理)のおすすめ方法とは??